病院・クリニック・高齢者施設のデザイン・設計

HOME > 病院・クリニック・高齢者施設のデザイン・設計

病院・クリニック・高齢者施設の
内装にもこだわりませんか?

患者様にもスタッフ様にもやさしい病院クリニック高齢者施設のデザイン設計をお考えなら、「スパッソ環境計画」にご相談ください。医療関係の施設には、さまざまな制約があります。それをふまえたうえで、患者様が快適に過ごすことができ、医療スタッフの方々もストレスなく仕事に専念できるような空間に仕上げます。こちらでは、病院・クリニック・高齢者施設のデザイン・設計を成功させるための3つのポイントをご紹介します。

病院やクリニックの内装イメージ

病院やクリニックの内装イメージ

病院やクリニックの内装イメージ

病院やクリニックの内装イメージ

病院・クリニック・高齢者施設のデザイン・設計を行う3つのポイント

「どちらにも使いやすい」動線であること

「どちらにも使いやすい」動線であることイメージ

大型の医療設備・医療機器が数多くあり、病気の方や高齢の方が利用されることが多い病院・クリニック・高齢者施設。そのため、エステサロンやネイルサロンといった美容系店舗や化粧品販売店以上に、働くスタッフ様にも利用される患者様にも使いやすい場所である必要があります。

患者様の動線とスタッフ様の動線は重なる部分ももちろんありますが、実際はかなり異なります。無駄な動きをしなくて済むように、そしてどちらの動きも妨げないようにする工夫が必要です。病院という性質上、ほかの患者様との共有部分と個室部分との区別を明確にすることがより快適な環境づくりにつながります。

あたたかみや居心地の良さを重視

あたたかみや居心地の良さを重視イメージ

初めて訪れた患者様にとって、病院・クリニック・高齢者施設は緊張する場所です。この緊張は不安をあおることにつながるため、医療においては良い結果をもたらさないことがほとんど。そのため当社では、患者様の緊張をほぐすようなインテリアや照明の工夫をご提案しています。エントランス、受付、待合室などはあたたかみがあり、居心地が良い空間にしましょう。

待合室のレイアウトで大切なのは、患者様同士の目線や距離感を考慮すること。単に「多くの患者様が座れるレイアウトにする」というのではなく、ゆとりをもって動けたり目線が合いにくくしたりできるような工夫が求められます。冷水機やコーヒーメーカーを設置したり、病院のインフォメーションを流せるモニターを置いたり、お子様のための絵本やおもちゃを用意したりと、お客様の手でさまざまな工夫をしていただけるポイントでもあります。

意外と重要な「デザイン性」

意外と重要な「デザイン性」イメージ

医療機関は清潔第一・衛生管理第一です。加えてさまざまな法規的制約があり、医療機器の配置などへの考慮も不可欠です。そのため、実際には専門のコンサルタントや医療機器販売業者、またその知識を有する設計士に医院設計を依頼するケースが多いと思います。

ですが、こういった方が医院設計を担当した場合、往々にして「機能性は考慮されたがデザイン性はちょっと……」というケースになりがちです。機能性だけを考慮しても、それが患者様にとって必ずしも快適な空間になるとは限りません。「デザイン性」というと見た目の問題かと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、患者様にリラックスしてもらったり、病院・クリニック・高齢者施設に慣れてもらったりするうえではとても重要なポイントなのです。

当社の実績

病院・クリニック・高齢者施設
医療法人社団三思会 東邦病院新病棟
医療法人社団腎会 大井町駅前クリニック・透析センター
医療法人恵仁会 松島病院特別室
松島クリニック 人間ドッグサロン
赤坂Dクリニック
社会福祉法人幹の会 ゆうかり(特別養護老人ホーム)

「スパッソ環境計画」には、病院のサイン(看板)のデザインを手がけた経験豊富なスタッフが在籍しています。内装デザインだけでなく、看板やロゴの製作に関するご相談も承りますので、お気軽にお問い合わせください。